人々は、私がマクドナルド経営を52歳という年齢で始めたにもかかわらず、瞬く間に成功を収めたことに驚嘆するが、実際にはショービジネス界の人々のように、そこにたどり着くまで30年もの長い下積み生活があったのである。

レイ・クロック(Ray Kroc)ことレイモンド・アルバート・クロック(英: Raymond Albert Kroc, 1902年10月5日 – 1984年1月14日)は、アメリカ合衆国の実業家で、マクドナルドコーポレーションの創業者。マクドナルドをフランチャイズ展開し、世界最大のファーストフードチェーンに仕立て上げた。

正規の学校教育が重要な利点ではあるが、それは成功の保証ではないし、受けていないことが、致命的なハンディキャップでもない。

レイ・クロック(Ray Kroc)ことレイモンド・アルバート・クロック(英: Raymond Albert Kroc, 1902年10月5日 – 1984年1月14日)は、アメリカ合衆国の実業家で、マクドナルドコーポレーションの創業者。マクドナルドをフランチャイズ展開し、世界最大のファーストフードチェーンに仕立て上げた。

一度決めたことは、絶対にあきらめてはならない。成功にリスクは必ずつきまとう。しかし、それこそ醍醐味である。

レイ・クロック(Ray Kroc)ことレイモンド・アルバート・クロック(英: Raymond Albert Kroc, 1902年10月5日 – 1984年1月14日)は、アメリカ合衆国の実業家で、マクドナルドコーポレーションの創業者。マクドナルドをフランチャイズ展開し、世界最大のファーストフードチェーンに仕立て上げた。

自分のベストを尽くして負けたときでない限り、試合に負けることは罪である。

レイ・クロック(Ray Kroc)ことレイモンド・アルバート・クロック(英: Raymond Albert Kroc, 1902年10月5日 – 1984年1月14日)は、アメリカ合衆国の実業家で、マクドナルドコーポレーションの創業者。マクドナルドをフランチャイズ展開し、世界最大のファーストフードチェーンに仕立て上げた。