音楽をしているときは一番楽しい。ただオーケストラには、自分や各パートの動揺は瞬時に伝わります。100人いるから、アクシデントや間違いは起きる。でも曲はその時点で終わりじゃない。瞬間瞬間が過去になるんです。“心配しないでいいよ、まだ先があるぜ”ってカラダで表現して、最後まで行かなきゃなんない。

久石譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、本名:藤澤 守(ふじさわ まもる)、1950年12月6日 – )は、日本の作曲家・編曲家・指揮者・ピアニスト。長女は歌手の麻衣。

仕事は『点』でなく『線』だ。集中して物事を考え、創作する作業を、次へまた次へとコンスタントに続けられるかどうか。それができるから、作曲家です、小説家です、映画監督ですと名乗って生きていける。

久石譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、本名:藤澤 守(ふじさわ まもる)、1950年12月6日 – )は、日本の作曲家・編曲家・指揮者・ピアニスト。長女は歌手の麻衣。

人間だから当然、波がある。体調や気分、周辺環境などが相まって、その日の調子となって表れる。そのコンディションに身を任せてしまうと、いいことがあると気分が高まっていいものが書けそうな気がし、逆に気分が乗らなければ書けない、ということになる。 何かを表現していく人間にとって、自分の拠り所を気分に置いてしまうのは危ういことだ。

久石譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、本名:藤澤 守(ふじさわ まもる)、1950年12月6日 – )は、日本の作曲家・編曲家・指揮者・ピアニスト。長女は歌手の麻衣。

いい音楽は譜面も美しい だからスコアを一、ニページ見ると、その曲のバランスの善し悪しもわかるし、作曲家の才能もわかる。

久石譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、本名:藤澤 守(ふじさわ まもる)、1950年12月6日 – )は、日本の作曲家・編曲家・指揮者・ピアニスト。長女は歌手の麻衣。

(弦楽四重奏に)国際級のすごいソリストを入れても、中に一人ヘタな人間がいると、アンサンブルとしての実力はそのレベルに下がってしまう。オーケストラも一緒。会社も一緒だと思う。

久石譲(ひさいし じょう、Joe Hisaishi、本名:藤澤 守(ふじさわ まもる)、1950年12月6日 – )は、日本の作曲家・編曲家・指揮者・ピアニスト。長女は歌手の麻衣。