平和になりすぎたら文明も文化も栄やしない。世界は一つにとか何とか甘いこと考えるな。そんなふざけたバカなこと考えちゃいけない。常に破壊と建設、建設と破壊というものは縄をなうようにしていって、そこに人間の生活が生まれ繁栄していき、人生を形作っていくんだ。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。

大欲を持て!大欲を持つということは、人間の生きていく上において、自分の才能をも生かせるわけだ。とにかく、大欲を持つことだ。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。

理解が先で同情が生まれるんで、理解しなけりゃあ同情なんか湧かないよ。この「理解と同情」が幅広くでき、どういう問題にも同情できるっていうのが男のやさしさなんだ 。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。

友達なんて要りゃあしないよ。自分が立派になりゃあ、向こうが友達になってくれと来るんだ。たくさん持っていたところで、いざとなって役に立つのはひとりもいないもんだ。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。

年寄りというものは、年が寄れば寄るほど意地悪くなって、頑固になって箸にも棒にもかからなくなる。くたばるならくたばらした方がいい。年寄りは何にも人類に貢献することがないから、高い金を出して大事にする必要なんか全くありゃあしねえんだ。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。

自分にとっての人生で、自分がこれが正しいと思って闘って、勝つか負けるか、これだけだよ、人生なんて。あくまでその人の人生であって、客観的な価値観なんていうものはあり得ないんだ。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。

遊んで遊んで、遊び尽くせば、何かに突き当たってつかむものがある。人生とは、何もやらない虚無よりも、たとえ失敗しても傷心の方がはるかに貴いものなのだとオレは思っている。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。