交友関係のすべてを通じて、何が一番大事かと尋ねられたとしたら、わたくしは、言下に「それは“信義”というものであり、そして“信義”とは、お互いに相手方を信じて裏切らないことだ」と答えることでしょう。

森 信三(もり しんぞう、明治29年1896年9月23日 – 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。

批判は、どこまでも「建設のための批判」であるべきであって、もしそうでなくて、いわゆる「批判のための批判」にとどまるとしたら、その時批判は、必然に現実から遊離して、一種の観念的空論に終わることになりましょう。

森 信三(もり しんぞう、明治29年1896年9月23日 – 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。