外来文化が一度ならず、自国の文化よりも高度なものとして入ってきたことが、 創造性の軽視という好ましくない伝統を定着させる要因となったことも否定できない。

湯川秀樹(ゆかわ ひでき、明治40年(1907年)1月23日 – 昭和56年(1981年)9月8日)は、日本の理論物理学者。