音楽を教えることが私の一番の目的ではない。私は善良な市民を作りたいのだ。子供たちが誕生の日からいい音楽を聴き、そして演奏することを学べば、子供たちは、感受性・規律・忍耐力などを発展させることができる。加えて、美しい心を持つ事が出来るのだ。

鈴木 鎮一(すずき しんいち、1898年10月17日 – 1998年1月26日)はドイツに学んだ日本のヴァイオリニスト。スズキ・メソードの創始者であり、世界的には音楽教育家および教育学の理論家として著名で、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけアメリカ合衆国で高く評価されている。

人には生まれつきの才能などない。人の能力は環境が育てるのだ。

鈴木 鎮一(すずき しんいち、1898年10月17日 – 1998年1月26日)はドイツに学んだ日本のヴァイオリニスト。スズキ・メソードの創始者であり、世界的には音楽教育家および教育学の理論家として著名で、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけアメリカ合衆国で高く評価されている。

勘とは、合理的な経験を土台に、瞬間的に働く確実性である。

鈴木 鎮一(すずき しんいち、1898年10月17日 – 1998年1月26日)はドイツに学んだ日本のヴァイオリニスト。スズキ・メソードの創始者であり、世界的には音楽教育家および教育学の理論家として著名で、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけアメリカ合衆国で高く評価されている。

子どもの運命は両親の手にある。

鈴木 鎮一(すずき しんいち、1898年10月17日 – 1998年1月26日)はドイツに学んだ日本のヴァイオリニスト。スズキ・メソードの創始者であり、世界的には音楽教育家および教育学の理論家として著名で、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけアメリカ合衆国で高く評価されている。

子供は親から微笑むことを学ぶ。

鈴木 鎮一(すずき しんいち、1898年10月17日 – 1998年1月26日)はドイツに学んだ日本のヴァイオリニスト。スズキ・メソードの創始者であり、世界的には音楽教育家および教育学の理論家として著名で、その教育理論は、日本よりも欧米で、とりわけアメリカ合衆国で高く評価されている。