進歩は実に遅く不確かなものです。やがて出しぬけにそれが開かれます。人は前に出ます。けれども暗中模索の幾年か後の事です。

高村光太郎(たかむら こうたろう、1883年3月13日 – 1956年4月2日)は、日本の彫刻家、評論家、詩人。東京府下谷区(現・東京都台東区)出身。本名は光太郎と書いて「みつたろう」。