人間の運命の大きな改善は、彼らの考え方の根本的な構成に大きな変化が生じない限り、絶対に不可能である。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。

信念を持つ一人の人間は、関心しか持ち合わせない99人の人間に匹敵する。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。

「自分こそ正しい」という考えが、あらゆる進歩の過程で最も頑強な障害となる。これほど馬鹿げていて根拠のない考えはない。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。

人生の色々な楽しみは通りすがりに味わうときに、人生を楽しくしてくれるが、一旦それを人生の目的とすると、とたんに物足りなくなる。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。

個人の自由もつぎの点では制限されねばならない。つまりかれは外の人達にたいして厄介なものになってはいけない。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。

自分は今、幸福かと自分の胸に問うて見れば、 とたんに幸福ではなくなってしまう。幸福になる唯一の道は、幸福でなく何かそれ以外のものを人生の目的に選ぶことである。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。

人間の自由を奪うものは、悪法よりも暴君よりも、実に社会の習慣である。

ジョン・スチュアート・ミル(John Stuart Mill, 1806年5月20日 – 1873年5月8日)は、イギリスの哲学者にして経済学者であり、社会民主主義・自由主義思想に多大な影響を与えた。ベンサムの唱えた功利主義の擁護者。晩年は自ら社会主義者を名乗る。