現実という壁の前に立った時、いたずらに壁の厚さのみを測ることがないだろうか。実行する前に言い訳を考えていないだろうか。とにかく壁に体当たりしてみることだ。鋼鉄と思っていた壁が、実はボール紙製であるかもしれない。たとえ鋼鉄であっても、ダイナマイトで爆破すればよい。それが創造的姿勢というものだ。

中内 功(なかうち いさお、1922年8月2日 – 2005年9月19日)は実業家。ダイエーを創業し、会長・社長・グループCEOを務める。日本チェーンストア協会会長、流通科学大学学園長、理事長を歴任した。

日本におけるスーパーマーケット(GMS)の黎明期から立ち上げに関わり、 近年の消費者主体型の流通システムの構築を確立させダイエーを中心とした商業施設の普及・拡大日本の流通革命に大きく貢献した。

自分で試して体験してみないと、それが自分に合っているか合っていないか、やりたいかやりたくないかもわからないでしょ。やりたいことが見つかってからやるんじゃなくて、見つけるためにまずは何かやってみるんだよ。

小柴 昌俊(こしば まさとし、1926年(大正15年)9月19日 – )は、日本の物理学者である。1987年、自らが設計を指導・監督したカミオカンデによって史上はじめて自然に発生したニュートリノの観測に成功したことにより、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。

やってみないと、できるかどうかわからないんだろ?なら、やってみろ。

本田宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 – 1991年8月5日)は、日本の実業家、技術者。

本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。ソニーの井深大などと並んで、戦後日本を代表する技術者・起業家として世界的に知られている。

もう一歩。いかなる時も自分は思う。もう一歩。今が一番大事なときだ。もう一歩。

武者小路実篤(むしゃこうじ さねあつ、本名同じ、1885年5月12日 – 1976年4月9日)は、日本の小説家。姓の武者小路は元来「むしゃのこうじ」と読むが、実篤自身は「むしゃこうじ」と名乗っていた。しかし、むしゃのこうじを誤りだと糺すことはなかったという。

あなたにできること、できると夢見たことがなにかあれば、それを今すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、魔法であり、力です。さあ、今すぐ、始めなさい。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8 月28日 – 1832年3 月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

ストレスなんてのは、人生についてまわるものであって、元来あるものをかくそうなんてのはむだな努力なの。それより別のことに目を向けた方がいいわけ。

奥田 英朗(おくだ ひでお、1959年10月23日 – )は、日本の小説家。主な作品に『邪魔』『空中ブランコ』『サウスバウンド』など。

ちょっとでもチャンスをつかんだと思ったら、少々無理をしても思いきっていくことだ。そうしないと、チャンスはものにできない。“完璧なチャンス”なんてないんだから。

輪島 功一(わじま こういち、男性、1943年4月21日 – )は、日本の元プロボクサー。元WBA・WBC世界スーパーウェルター級王者。現在はタレント兼団子屋経営者。本名は輪島 公一(読み同じ)。

起こるかもしれないことを恐れてびくびくしながら無関心でいるより、半分はよくない結果に終わっても、いさぎよく大胆になって危険を冒すほうがいい。

ヘロドトス(Ἡρόδοτος Hēródotos 羅:Herodotus 紀元前485年頃 – 紀元前420年頃)は古代ギリシアの歴史家である。彼はドーリア系ギリシア人であり、小アジアのハリカルナッソス(現 ボドルム)に生まれた。また、今日まともな形で残っている最初の歴史書『歴史』を著したことによって「歴史の父」とも呼ばれる。

「不可能」の反対語は「可能」ではない。「挑戦」だ。

“ジャッキー”ジャック・ルーズベルト・ロビンソン(Jack Roosevelt “Jackie” Robinson, 1919年1月31日 – 1972年10月24日)は、アメリカ合衆国のプロ野球選手(内野手)。
それまで有色人種を排除していたMLBにおいて、アフリカ系アメリカ人選手としてデビューし活躍。有色人種のメジャーリーグ参加の道を開いた。