少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりも良い。

ソクラテス(ソークラテース、Σωκράτης、紀元前469年頃 – 紀元前399年4月27日)は古代ギリシアの哲学者である。 彼自身は著作をおこなわなかったため、その思想は、弟子のプラトンや歴史家のクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じて紹介されている。

自分で仕事をするのではなく、仕事をさせる適材を見つけることが大切だ。

アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie, 1835年11月25日 – 1919年8月11日)はスコットランドで生まれたアメリカの実業家。
幼いころにアメリカに移り住んだ。カーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収め「鋼鉄王」と称された(後に会社は売却され、合併してUSスチール社となる)。
彼は事業で成功を収めたのち、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、今日でも慈善家としてよく知られている。またナポレオン・ヒル・プログラムの創始者、ナポレオン・ヒル博士に自身の成功哲学にもとづく成功プログラム開発を発注したことでも有名である。

小売業で成功するには日々の小さな積み重ねが大事。逆転ホームランをねらったら失敗する。

藤田田(ふじた でん、1926年(大正15 年)3月13日 – 2004年(平成16 年)4月21日)は、日本の実業家。大阪府大阪市淀川区生まれ。輸入雑貨販売店「藤田商店」、「日本マクドナルド」、「日本トイザらス」創業者。

優先順位の低いことをいくら上手にやっても、それは時間、才能、労力、資源のムダ。

カルロス・ゴーン(亜: كارلوس غصن‎、葡: Carlos Ghosn、仏: Carlos Ghosn、又は Bichara(ビシャラ)若しくは Ghosn Bichara、1954年3月9日出生)は、ブラジル人(レバノン系ブラジル人)の実業家。

経営者が決心したら、変革はできるんです。会社の運命というのは経営者で全部決まりますよね。だったら、経営者が自分にできないと思うんだったら、経営者をすべきじゃない。

柳井正(やない ただし、1949年2月7日 – )は、日本の実業家。カジュアル衣料の製造販売「ユニクロ」を中心とした企業グループ持株会社であるファーストリテイリング代表取締役会長兼社長。

人、金、物で経営が成り立つという考えは捨てなければならない。もう一つの決定的な要素、情報を抜きにして経営は生き残れない。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリアウィーンと生まれのユダヤ系経営学者・社会学者。
もとは「ペーター・フェルディナント・ドリュッカー」(Peter Ferdinand Drücker)。父・アドルフ・ドリュッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。

私どもにとって一番うれしいのは、お客さまの喜ぶ顔です。喜んでいただくために、いかに新たな価値を提供できるかです。ただ、「やり遂げた」と思うのは危険です。「もっと」「さらに」という継続や連続が企業の力になります。

原田 泳幸(はらだ えいこう、1948年12月3日 – )は、日本の実業家。日本マクドナルドホールディングス株式会社、日本マクドナルド株式会社代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者 (CEO)。