覚悟して引き受けると、物事はいい方向にいく。

加藤 諦三(かとう たいぞう、1938年(昭和13年)1月26日 – )は、東京都出身の社会学者、作家。早稲田大学理工学部名誉教授(2008年3月31日に定年退職)、早稲田大学エクステンションセンター講師。 理工学部時代は一般教養の社会学を教えていた。

人になにかをしてもらいたいと思えば、こちらからなにかをしてあげる。人に愛されたいのなら、こちらから愛する。人を従わせたいのなら、まず、人に従ってみる。人に徳をほどこさないで、人を用いようとするのは、罪悪です。

宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ、1945年2月4日 – )は、日本の時代小説・歴史小説作家である。古代中国の偉人にスポットを当てた作品を得意とする。代表作に『重耳』、『孟嘗君』など。本名は宮城谷 誠一(みやぎたに せいいち)。

間違いを犯してそれを改めるのは、それに気づいた瞬間にやるのが一番良い。

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう、 1962年(昭和37年)10月20日 – )は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所上級研究員、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任教授。学位は博士(理学)(東京大学・1992年(平成4年))。

認識は実践にはじまり、実践をつうじて理論的認識に達すると、ふたたび実践に戻らなければならない。

毛沢東(もう たくとう、マオ・ツォートン、1893年12月26日 – 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍人、思想家。字は詠芝、潤芝、潤之、筆名は子任。中国共産党の創立党員の1人。中国革命の指導者で、中華人民共和国の建国の父とされている。1949年の建国以来、1976年に死去するまで、同国の最高権力者の地位にあった。

九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、人間はまずその不満を真っ先に口からだし、文句をいいつづけるものなのだ。自分を顧みてつくづくそう思う。なぜわたしたちは不満を後まわしにし、感謝すべきことを先に言わないのだろう。

三浦 綾子(みうら あやこ、1922年4月25日 – 1999年10月12日)は、日本の女性作家、小説家、エッセイスト。

「電話もメールもしているんですが、連絡がこないんです」……。そんなはずはない。いろんな考え方はあるが、僕はあえて、それは「連絡の仕方が悪い」と考えたい。

ナガオカケンメイ(ながおかけんめい)1965年北海道生まれ。D&DEPARTMENT PROJECT代表。日本のデザイナー。

成功の栄冠にあこがれる事は咎むべきでない。ただ、栄冠にだけあこがれてその日を空費することこそ、咎められるべきである。

ジュール=アンリ・ポアンカレ(Jules-Henri Poincaré、1854年4月29日 – 1912年7月17日)はナンシー生まれのフランスの数学者。数学、数理物理学、天体力学などの重要な基本原理を確立し、功績を残した。

真心をもって人を助ければ、必ず自分も人から助けられる。これは人生の最も美しい補償の一つである。

ラルフ・ワルド・エマーソン(Ralph Waldo Emerson、1803年5月25日 – 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。 ラルフ・ウォルド・エマーソン、ラルフ・ウォルドー・エマーソン、ラルフ・ワルド・エマソン、とも呼ばれる。 英語では、エマーソンのエにアクセントがあり、エマソンに近くなる。