さながら、友情とは、成長の遅い植物である。その花が開く前に、耐え難い肥しを必要とする。

ジョージ・ワシントン(英語: George Washington、グレゴリオ暦:1732年2月22日 – 1799年12月14日(ユリウス暦:1731年2月11日生まれ))は、アメリカ合衆国の政治家。大統領(初代)である。

交友関係のすべてを通じて、何が一番大事かと尋ねられたとしたら、わたくしは、言下に「それは“信義”というものであり、そして“信義”とは、お互いに相手方を信じて裏切らないことだ」と答えることでしょう。

森 信三(もり しんぞう、明治29年1896年9月23日 – 1992年11月21日)は、哲学者・教育者。

友人の苦難に同情することは誰にでもできるが友人の成功に同感するには、 たいへんすぐれた性質が必要だ。

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド(Oscar Fingal O’Flahertie Wills Wilde、1854年10月16日 – 1900年11月30日)は、アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の、旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監され、出獄後、失意から回復しないままに没した。

私は、人生を通して素晴らしい時を過ごし、よき友と、素晴らしい家族を持った男として記憶されたいと願う。実際これ以上求めることはない。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra、1915年12月12日 – 1998年5月14日)は、アメリカのジャズ・ポピュラー歌手。本名、フランシス・アルバート・シナトラ(Francis Albert Sinatra)。エルヴィス・プレスリーやビートルズなどと並び、20世紀を代表する歌手の一人である。その卓越した歌唱力によって「ザ・ヴォイス」と称された。また、映画俳優としても活躍した。

がんばることはすばらしいが、人の力を借りれば何倍もの成果が得られる場合が多い。ひとりで完璧を目指さず、人に頼っていいのである。

和田 秀樹(わだ ひでき、1960年6月7日 – )は、大阪府出身の受験アドバイザー、評論家(教育・医療、政治・経済)、精神科医(川崎幸病院精神科顧問)、臨床心理士、国際医療福祉大学臨床心理学専攻教授、一橋大学公共政策大学院特任教授、学校法人成城学園理事、起業家、映画監督、小説家。

貴方を忘れてしまう人もいれば、貴方が会って、忘れている人もいる。しかし、時には、貴方が会って、忘れることのできない人もいる。その人たちこそ、貴方の友人だ。

マリア・カラス(Maria Callas、1923年12月2日 – 1977年9月16日)は、ソプラノ歌手である。ニューヨークで生まれパリで没し、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた。

しばらく二人で黙っているといい。 その沈黙に耐えられる関係かどうか。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。

松下幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家。
パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

友達なんて要りゃあしないよ。自分が立派になりゃあ、向こうが友達になってくれと来るんだ。たくさん持っていたところで、いざとなって役に立つのはひとりもいないもんだ。

今 東光(こん とうこう、1898年3月26日 – 1977年9月19日)は、天台宗僧侶(法名 今 春聴)、小説家、参議院議員。新感覚派作家として出発し、出家後は住職として住んだ河内や津軽・平泉など 奥州を題材にした作品で知られる。