友とともに暗闇を歩くほうが、明るいところを一人で歩くよりもいい。

ヘレン・アダムス・ケラー(英: Helen Adams Keller、1880年6月27日 – 1968年6月1日)は、アメリカ合衆国の教育家・社会福祉事業家である。自らも重い障害を背負いながらも、世界各地を歴訪し、身体障害者の教育・福祉に尽くした。

例えば、友達が転ぶ。「あぁ痛かったろうな」と感じる気持ちを、そのつど自分の中で作りあげていきさえすればよい。

司馬遼太郎(しば りょうたろう、1923年(大正12年)8月7日 – 1996年(平成8年)2月12日)は、日本の小説家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名は司馬遷に遼に及ばずからきている。

産経新聞社在職中、『梟の城』で直木賞を受賞。歴史小説に新風を送る。代表作に『国盗り物語』『竜馬がゆく』『坂の上の雲』などがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。また、『街道をゆく』をはじめとするエッセイなどで活発な文明批評を行った。

孤独とは物事を深く考えるチャンス。友達が多い事は必ずしも幸せではない。

美輪明宏(みわ あきひろ、1935年5月15日 – )は、日本のシンガーソングライター、俳優、演出家、タレント。長崎県長崎市出身。本名:丸山 明宏、幼名 臣吾(しんご)。海星中学を経て国立音楽大学附属高校中退。愛称はマルさん、美輪さん。

金をつくるより友人をつくれ。5年間に5人の友人が出来たらしめたものである。10年間に10人の友人を得たら天下無敵である。

山口瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 – 1995年(平成7年)8月30日)は、日本の男性作家、エッセイスト。
妹の日本舞踊家の花柳若奈(本名:栄)はジェリー伊藤の妻。作家で映画評論家の山口正介は息子。

真の人間性に最もよく調和する愉しみは、よき仲間との愉しい食事である。

イマヌエル・カント(Immanuel Kant, 1724年4月22日 – 1804年2月12日)はプロイセン王国出身の思想家で大学教授である。近代において最も影響力の大きな哲学者の一人である。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらす。ドイツ観念論哲学の祖ともされる。

山から遠ざかれば、ますますその本当の姿を見ることができる。友人にしてもこれと同じである。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(丁: Hans Christian Andersen、デンマーク語読みでは “ハンス・クレシテャン・アナスン” 1805年4月2日 – 1875年8月4日)は、デンマークの代表的な童話作家・詩人である。デンマークでは、Andersen が非常にありふれた姓であることから、フルネームを略したH. C. Andersen(デンマーク語読みで ホー・セー・アナスン)と呼ばれる。

実を言うと、社長をやっていた時は金儲けが財産だと思っていたけど、結局、友達こそ本当の財産だなあ。

本田宗一郎(ほんだ そういちろう、1906年11月17日 – 1991年8月5日)は、日本の実業家、技術者。

本田技研工業(通称:「ホンダ」)の創業者。ソニーの井深大などと並んで、戦後日本を代表する技術者・起業家として世界的に知られている。

ほんまの友だちっちゅうのはな、自分がつらい目におうてるときには、親友に連絡せんもんや。

中島らも(なかじま らも、1952年4月3日 – 2004年7月26日)は、兵庫県尼崎市出身の小説家、戯曲家、随筆家、俳優、コピーライター、広告プランナー、ミュージシャン。本名は中島裕之(なかじま ゆうし)。「らも」というペンネームの由来は、無声映画時代の剣戟俳優羅門光三郎から。当初は「羅門」「Ramon」「らもん」等のペンネームで雑誌に詩の投稿をしており、仲間内でも「らもん」を名乗っていたが「読者に名前を覚えてもらいやすいように」と現ペンネームに改名した。