自分に欠けているものを嘆くのではなく、自分の手元にあるもので大いに楽しむものこそ賢者である。

エピクテトス(Επίκτητος, 55年 – 135年)は、古代ギリシアのストア派の哲学者。フリギアのヒエラポリスで生まれたと考えられている。母親は奴隷階級だったらしく、自身も奴隷としてローマ帝国の皇帝ネロのもとに売られる。ローマでは彼の生活は不健康だったという。89年から95年の間に皇帝ドミティアヌスに追い出される。亡命後ニコポリスで哲学の学校を開く。皇帝ハドリアヌスも訪問した。ここでアレクサンドロス3世の伝記を書いたアッリアノスは勉強した。

人は自然の全体なり。故に自然を知らざる則(とき)は吾が身神の生死を知らず。生死を知らざる則は自然の人に非ず。人に非ずして生(イ)きて何か為(せ)ん。

安藤昌益(あんどう しょうえき、元禄16年(1703年) – 宝暦12年10月14日(1762年11月29日))は、江戸時代中期の医者・思想家。秋田藩出身。号を確龍堂良中。

語り得るものについては明瞭に語られなければならない。語り得ぬものについては沈黙せねばならない。

ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン(独: Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 – 1951年4月29日)はオーストリア・ウィーン出身の哲学者。言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。

右のクツは左の足には合わない。でも両方無いと1足とは言われない。

山本 有三(やまもと ゆうぞう、1887年(明治20年)7月27日 – 1974年(昭和49年)1月11日)は、日本の劇作家、小説家、政治家である。本名は山本 勇造(やまもと ゆうぞう)。日本芸術院会員、文化勲章受章者。
戦後、貴族院勅選議員、参議院議員などを歴任した。

百人のうち九十九人に誉められるは、善き者にあらず。

武田晴信/武田信玄(たけだ はるのぶ/たけだ しんげん)は、戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。

甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。諱は晴信。「信玄」とは(出家後の)法名。大正期に従三位を贈られる。

大自然の中で、私は生命の神秘を感じる。それを後ろにしては、私は、科学的成果などはつまらぬものだと気づかされる。

チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ(Charles Augustus Lindbergh, 1902年2月4日 – 1974年8月26日)は、アメリカ合衆国の飛行家で、ハーモン・トロフィー、名誉勲章、議会名誉黄金勲章の受賞者。1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけた単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功。1931年には北太平洋横断飛行にも成功した。

もし我々の事を「空想家そのものだ」 「救いがたい理想主義者だ」「できもしないことを考えている」といわれるなら、何度でも答えよう 「その通りだ」と。

エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna、1928年6月14日 – 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。