オレは全裸を見られたら『いやんっ!』って言いながら上を隠すよ。

高田純次(たかだ じゅんじ、1947年1月21日 – )は、日本のお笑いタレント、俳優である。東京都調布市国領出身。身長174.5cm。血液型はO型。愛称は「純ちゃん」、「純じい」、「TJ」。所属事務所テイクワン・オフィスの社長も務める。

人生においてなによりも難しい事は、嘘をつかずに生きることである。そして自分自身の嘘を信じないことである。

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語: Фёдор Миха́йлович Достое́вский,1821年11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 – 1881年2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である。代表作は『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』など。レフ・トルストイ、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀後半のロシア文学を代表する文豪である。

女にとっての嘘は、身に備わった武器。だから男の嘘なんてすぐにわかってしまう。

吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 – 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。対談やエッセイの名手としても知られた。

芸術とは、最も美しい嘘のことである。

クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 – 1918年3月25日)は、フランスの作曲家である。長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などとを用いて独自の作曲を実行した。

ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもある。また歌詞やテーマの選択は象徴派(象徴主義)からの影響が色濃いと目されることもあるのだという。

詩人はいつも真実を話す嘘つきである。

ジャン・コクトー(Jean Cocteau、1889年7月5日 – 1963年10月11日)は、フランスの前衛芸術家(作家、詩人、劇作家として著名であるだけでなく、画家や脚本家、映画監督としての活動も行った)。自身は中でも「詩人」と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。

恋というものはなんと恐ろしい情熱だろうか。それなのに世間の嘘つきどもは、恋をあたかも幸福の源泉のように言っている。

スタンダール(Stendhal、1783年1月23日-1842年3月23日)は、グルノーブル出身のフランスの小説家。本名は、マリ=アンリ・ベール(Marie Henri Beyle)という。ペンネームのスタンダールはドイツの小都市・シュテンダルに由来すると言われている。

大衆は、小さな嘘より大きな嘘にだまされやすい。 なぜなら、彼らは小さな嘘は自分でもつくが、大きな嘘は怖くてつけないからだ。

アドルフ・ヒトラー(独: Adolf Hitler, 1889年4月20日 – 1945年4月30日)は、ドイツの政治家。オーストリア出身。
国家社会主義ドイツ労働者党党首としてアーリア民族を中心に据えた民族主義と反ユダヤ主義を掲げる。1933年に首相となり、1934年にヒンデンブルク大統領死去に伴い、国家元首となる。軍事力による領土拡張を進めた末に1939年のポーランド侵攻によって第二次世界大戦を引き起こした。ドイツ降伏数日前にベルリン市内の総統地下壕内で自殺したとされる。
合法的な選挙により勢力を拡大したが、のちに指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。
1920年に日本で最初に報道された際には「ヒットレル」(舞台ドイツ語の発音)と表記され、その後は「ヒットラー」という表記も多く見られた。