エベレストに登るという夢を持った途端、人生が変わった。そして、夢を持てば実現できることを改めて知った。

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年10月12日 – )は、青森県青森市生まれのプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長、全国森林レクリエーション協会会長。

トランジットすること、変わっていくこと、変えようとすること、それはとても勇気のいること。そりゃ同じ電車にずっと乗ったままぬくぬくしていたいと誰もが思う。でもそれでは何も収束していくだけ。勇気を持ってエイッと乗り換えてみるのは大切なこと、最初はアタフタするけど、眠っていたパワーが覚醒されて、もっと遠くへ行ける力が出てきますからね。

松任谷 由実(まつとうや ゆみ、本名:同じ、旧姓:荒井、1954年1月19日 – )は、日本のミュージシャンである。夫はアレンジャー・松任谷正隆で、彼女の音楽プロデューサーを務める。

夢を見続けたいなら、やらなければならない事が山ほどある。どんなに時間がかかっても、次の自分を待っていてくれるのは、他でもない自分自身なのだ。

トータス松本(トータス まつもと、1966年12月28日 – )は、日本のミュージシャン、俳優。ロックバンド・ウルフルズのボーカリスト。本名:松本 敦(まつもと あつし)。

最初は失敗への不安に駆り立てられたこともあった。しかし、一つ一つ挑戦しているうちに次第に物事を楽観的に見られるようになった。解決不可能と思われた障害を一つ乗り越えると、他の障害がそれほど苦にならなくなる。くじけることなく挑戦し続ければ、たいていの人は自分の夢よりも大きなことを達成できる。大きな夢を持つことが大事なのだ。

ハワード・シュルツ(Howard Schultz、1953年7月19日 – )は、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者。

幻想は持たず夢を持つのがいいんじゃないでしょうか。才能よりも継続してやること。途中で止めたら、そこまでの情熱だからあきらめもつく。才能ではなくやりたいかどうかが一番ですね。

安田 真奈(やすだ まな、1970年8月21日 – )は、奈良県生まれの映画監督、脚本家である。

人生はニアミスの連続と言っていい。われわれが幸運とみなしていることは実は単なる幸運ではないのだ。幸運とはチャンスを逃さず、自分の将来に責任を持つことに他ならない。他の人たちには見えない目をこらし、誰がなんと言おうと自分の夢を追い続けることなのである。

ハワード・シュルツ(Howard Schultz、1953年7月19日 – )は、世界的なコーヒーショップチェーン・スターバックスコーポレーションの会長兼社長兼最高経営責任者。

私には夢がある。私の4人の子供が肌の色によってではなく、人格の如何によって判断される国に住む日が来るだろうという夢だ。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア (Martin Luther King, Jr., 1929年1 月15日–1968年4月 4日)はアメリカ合衆国のプロテスタントバプテスト派の牧師である。キング牧師の名で知られる、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者的役割を果たした活動家。