人間の値打ちは失敗するかしないかでなく、失敗から起き上がれるかどうかによってきまる。一度してしまった失敗は、もう返ってこないけれども、同じ失敗を繰り返さないよう努力し、新たにやり直すことはできる。自分はだめな人間だと思いこんだとき、人間はほんとうにだめになるものである。

宗 道臣(そう どうしん、1911年(明治44年)2月10日 – 1980年(昭和55年)5月12日)は、日本の武道家、思想家。日本の武道の一つである少林寺拳法の創始者である。姓名は中野理男(なかのみちお)、中野道臣(なかのみちおみ)を経て宗 道臣を名乗るようになった。少林寺拳法を通じて、日本の将来を担う青少年育成を目指した教育家でもあった。

自分の過ちを認めることを恐れるな。幾度となく修正を繰り返すことを恐れるな。

ウラジーミル・イリイチ・レーニン(ロシア語: Влади́мир Ильи́ч Ле́нин、1870年4月22日 – 1924年1月21日)は、ロシアの革命家、政治家。優れた演説家として帝政ロシア内の革命勢力をまとめ上げ、世界で最初に成功した社会主義革命であるロシア革命において主導的な役割を果たした。ソビエト連邦およびソ連共産党(ボリシェヴィキ)の初代指導者を務めた。マルクス主義(共産主義)理論の研究と普及にも尽力し、後日、マルクス・レーニン主義という体系にまとめられた。本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ(Владимир Ильич Ульянов)。

過失の弁解をすると、その過失を目立たせる。

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare、沙翁(沙吉比亜からの異称)、(洗礼日1564年4月26日) – 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イギリス(イングランド)の劇作家、詩人。ストラトフォード・アポン・エイヴォンの生れ。エリザベス朝演劇の代表的な作家で、最も優れた英文学の作家とも言われている。その卓越した人間観察眼と内面の心理描写は、今日でも最高度の文学レベルをなしている。

過去においていくら失敗した事実があったにしろ、今後失敗するとは限っていない。人類の歴史は、過去に失敗したことを粘り強く何度もやってみることで人類が成長してきたことを物語っている。昔一度失敗したことは、未来において必ず失敗するなどと考えていたら、人類に進歩はないわけだ。百度失敗したことでも、百一度目にものにならないとは限らない。

武者小路実篤(むしゃこうじ さねあつ、本名同じ、1885年5月12日 – 1976年4月9日)は、日本の小説家。姓の武者小路は元来「むしゃのこうじ」と読むが、実篤自身は「むしゃこうじ」と名乗っていた。しかし、むしゃのこうじを誤りだと糺すことはなかったという。

失敗と成功の分かれ目は、雑事に取り組むか否かであり、雑事を避ける人は失敗し、雑事に取り組む人は成功します。

オグ・マンディーノ(Og Mandino 1923年12月12日 – 1996年9月3日) は、米国の自己啓発書作家、小説家、講演家。「世界中で最も多くの読者をもつ自己啓発書作家」と呼ばれたベストセラー作家。”セールスマンのグル”などとも形容される。

人間が賢くなるのは経験によるのではない。経験に対処する能力に応じてである。

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 – 1950年11月2日)は、イギリスにおいて主に19世紀に活躍したアイルランド出身の劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE) 創設者。イギリス近代演劇の確立者として有名である。ショーが劇作家としての才能を認められるようになったのは40代であるが、精力的に作品を書き続け、94歳で亡くなるまでに53本もの戯曲を残した。カナダのナイアガラ・オン・ザ・レイクでは、毎年数ヶ月にわたって、ショーとその同時代の劇作家の作品を上演するショー・フェスティバルが開催され、世界各国から人々が集まっている。

間違いと失敗は、我々が前進するための訓練である。

チャニング・ムーア・ウイリアムズ(Channing Moore Williams、維廉、1827年7月18日-1910年12月2日)は、米国聖公会の宣教師。日本聖公会初代主教。日本各地に複数の教会や学校を設立するなど、日本聖公会の発展に力を尽くした。墓碑に記されている「道を伝えて己を伝えず」という言葉の通り、ウィリアムズは自分について知られることを嫌っていて、それは日本から帰国する際に自分に関する資料を燃やしてしまったほどだという。