どんな勉強でも、いちばん大事なのは、今言われたような興味を持つということだし。語学の勉強の場合には、「必要性を感じること」「目的意識を持つこと」というふうにも言い換えられると思います。

ピーター・フランクル/フランクル・ペーテル(フランス語・英語:Péter Frankl 、マジャル語:Frankl Péter 、日本名:富蘭 平太〔ふらん へいた〕、1953年3月26日 – )は、ハンガリー出身の数学者・大道芸人。ユダヤ系フランス人である。

学術においても、実際には人は何も知ることはできない。常に実践が必要である。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8 月28日 – 1832年3 月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

いつまでも無知でいる秘訣は、実にやさしい。いつも自分の考えだけを肯定し、自分の知識だけに満足していればよい。

エルバート·グリーン·ハバード (Elbert Green Hubbard 1856年6月19日- 1915年5月7日)は、 アメリカの思想家、作家、教育者、講演家。出版社「ロイクロフターズ」の創設者であり、雑誌「ペリシテ人」「時代」の創刊者。主な著書・関連書籍に「簡単な人生 楽しく、らくに、単純に生きる/翻訳:薩摩美知子」「あなたはガルシアに手紙を届けられるか?/解説:中島孝志」「ガルシアへの手紙/解説:ハイブロー武蔵」などがある。

自然の中には理法なき結果は何ひとつ存在しない。理法を理解せよ、そうすればおまえの経験は必要ではない。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci、本名:Leonardo di ser Piero da Vinci、1452年4月15日 – 1519年5月2日) はイタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、万能の天才という異名で知られる。「万能人(uomo universale)(ウォモ・ウニヴェルサーレ)」とも呼ばれている。

私たちはすべてのことから学べる。悪からも善からも、実からも虚からもおそらく学べる。狭い見方が敵なのであろう。

曽野綾子(その あやこ、1931年(昭和6年)9月17日 – )は、日本の作家。「曾野」とも。本名、三浦知壽子。旧姓、町田。カトリック教徒で洗礼名はマリア・エリザベト。

「知識は力なり」というふるい諺があるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。

ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世(William Henry Gates III, 1955年10月28日 – )、通称ビル・ゲイツ(Bill Gates)は、アメリカ合衆国の実業家。マイクロソフト社の共同創業者・会長、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長。

読むことは人を豊かにし、話し合うことは人を機敏にし、書くことは人を確かにする。

フランシス・ベーコン(Francis Bacon, Baron Verulam and Viscount St. Albans、1561年1月22日 – 1626年4月9日)はイングランド近世(ルネサンス期)のキリスト教神学者、哲学者、法律家である。

認識は実践にはじまり、実践をつうじて理論的認識に達すると、ふたたび実践に戻らなければならない。

毛沢東(もう たくとう、マオ・ツォートン、1893年12月26日 – 1976年9月9日)は、中華人民共和国の政治家、軍人、思想家。字は詠芝、潤芝、潤之、筆名は子任。中国共産党の創立党員の1人。中国革命の指導者で、中華人民共和国の建国の父とされている。1949年の建国以来、1976年に死去するまで、同国の最高権力者の地位にあった。

明日死ぬつもりで生きなさい。永遠に生きるつもりで学びなさい。

モハンダス・カラムチャンド・ガンディー(Mohandas Karamchand Gandhi, デーヴァナーガリー: मोहनदास करमचन्द गांधी, グジャラート語: મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધી, / 1869年10月2日 – 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身、マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー:Mahatma Gandhi)として知られるインド独立の父、弁護士、宗教家、政治指導者。通称ガンジー