君の心の庭に忍耐を植えよ、その根は苦しくともその実は甘い。

ジェーン・オースティン(英:Jane Austen、1775年12月16日 – 1817年7月18日)は、イギリスの小説家。イングランド南部ハンプシャー・スティーブントン生れ。Austen を「オーステン」とカナ転写する書籍もあるが、原語により近い発音は「オースティン」。
18世紀から19世紀イングランドにおける田舎の中流社会を舞台として、女性の私生活を結婚を中心として皮肉と愛情を込めて描き、その作品は近代イギリス長編小説の頂点とみなされている。また英語における自由間接話法(描出話法、free indirect speech)の発達に大きく貢献したことでも知られる。主要作品は、『分別と多感』『高慢と偏見』『エマ』『マンスフィールド・パーク』『ノーサンガー僧院』『説得』の6作品。

はきものを そろえると 心もそろう 心がそろうと はきものもそろう ぬぐときに そろえておくと はくときに 心がみだれない だれかが みだしておいたら だまって そろえておいてあげよう そうすればきっと 世界中の 人の心も そろうでしょう

藤本幸邦(ふじもと こうほう 1910- )は、長野県出身の宗教家、僧侶。長野市にある円福寺の住職として広く知られる人物であり、1990年に住職を辞してからはボランティア活動などを行っている。勲五等瑞宝章、仏教伝道文化賞、外務大臣表彰、正力松太郎賞などを授章・受賞している。主な著書に「おっしゃん愛育園物語」「心に美しい花を咲かせる人 おっしゃんの法話集」「おっしゃんが証明した「実行の哲学」」「通仏教現代法話宝蔵」「おっしゃんの般若心経愛すればこそ「空」」「おっしゃんの茶話」などがある。

私達は、自分自身の不幸を作り出している。苦しみの目的は、不幸を引き起こすのは私達自身だということを理解させやすくするためである。

ウィリー・ネルソン(Willie Nelson、Willie Hugh Nelson、1933年4月30日-)はアメリカのシンガーソングライター、俳優。カントリー界の大御所。

心は満たされるべき容器ではなく、炎である。だから点火しなければ燃えない。

プルタルコス(希: Πλούταρχος, 羅:Plutarchus, 46年から48年頃 – 127年頃)は、帝政ローマのギリシア人著述家。著作に『対比列伝』(英雄伝)などがある。英語名のプルターク(Plutarch)でも知られる。

総じて劣等感は、ケチくさい自尊心からこそ、生まれるものだ。

櫻木 健古(さくらぎ たけふる 1924年- ) 中国上海生まれ。愛知一中、第八高等学校を経て、京都大学文学部中退。教員生活の後中日新聞社入社。外信部記者・ドイツ特派員として活躍、その後著述生活に入る。幼児期から青年期まで、心身とも虚弱であったが、それをみずから克服し、その体験をもとに自己強化に関する著作が多い。著書に、『太っ腹をつくる本』『心を強くする本』『度胸をつける本』の3部作がある。

慣れないことを続けるのは、最初は大変。でも、やっぱり、ただ無意識に生きていくことはいけないと思います。「自分のここを直したい」「こういうことができる女性になりたい」というふうに、求める変化に対して、あきらめないで、努力をし続けなければ。そうして“3年後”。人は確実に変われると思います。

松雪 泰子(まつゆき やすこ、1972年11月28日 – )は、日本の女優である。株式会社スターダストプロモーション所属。