嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。井戸のポンプでも、動かしていれば、そのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくても、にっこり笑っていると、だんだんうれしい感情がわいてくる。

樹木 希林(きき きりん、1943年1月15日 – )は、日本の女優。本名、内田 啓子(うちだ けいこ)、旧姓:中谷。また、旧芸名は悠木 千帆(ゆうき ちほ、初代)。

小雨が降っていたとする。あなたは表に出たら、傘を広げる。それで十分なのだ。「また嫌な雨だ」などと言ったところで、何の役に立とう。

エミール=オーギュスト・シャルティエ(Emile-Auguste Chartier, 1868年3月3日 – 1951年6月2日)はフランスの哲学者。アラン (Alain) というペンネームで知られる。ノルマンディー地方のモルターニュ生まれ。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後、リセの教師となる。 過去の偉大な哲学者達の思想と彼独自の思想を絶妙に絡み合わせた彼の哲学講義は、学生に絶大な支持を受け、彼の教え子達の中からは、後の哲学者が多く輩出されている。女流哲学者のシモーヌ・ヴェイユは彼の教え子。 ルーアンのリセで教えていた時に、アラン名義で「デペーシュ・ド・ルーアン (Dépêche de Rouen)」紙にコラム「プロポ (propos)」を寄稿し始める。

いつも楽しんでいる。嫌なことは忘れちゃうか、いいほうに結びつけるから。

かまやつ ひろし / ムッシュかまやつ(本名:釜萢 弘(かまやつ ひろし)、1939年1月12日 – )は、 日本のミュージシャン。通称「ムッシュ」。「ザ・スパイダース」の元メンバーでもある。1989年以降は、ミュージシャンとしては「ムッシュかまやつ」が正式な活動名である。

様々な試合に勝ち、世界チャンピオンにもなった。でも、それは支えてくれる人が大勢いたから。それを当たり前と思わないで、恩を忘れずに謙虚でいた。素直に人の話を聞いた。そして、悪いことが起きても“これぐらいで済んでよかった”と思ってきた。だから、道が開けたんだと思う。

山下泰裕(やました やすひろ、1957年6月1日 – )は、日本の柔道家。

国民栄誉賞を受賞しており、現役時代のその圧倒的な強さから「史上最強の柔道家」とする声も多い。

最近の人はよく「刺激が欲しいんです」とか「刺激がない」とか言いますが、何言っているんだって思いますね。刺激っていうのは、自分で火をつけて自分を燃やさないと、見えないし感じられない。生きてたら、刺激なんていっぱいあるじゃないですか。

増浦 行仁(ますうら ゆきひと、1963年(昭和38年)-)は、日本の写真家。東京都出身。
18歳で写真家を目指して渡欧。印象派のマイヨールやロダンの彫刻を撮影。ミケランジェロの彫刻にも7年かけて挑み、独自の技法が注目を集める気鋭の写真家。

心は、創造の達人です。そして、私たちは心であり、思いという道具をもちいて自分の人生を形づくり、そのなかで、さまざまな喜びを、また悲しみをみずから生み出しています。私たちは心の中で考えたとおりの人間になります。私たちを取りまく環境は、真の私たち自身を映し出す鏡にほかなりません。

ジェームズ・アレン(James Allen、1864年11月28日 – 1912年)はイギリスの作家である。自己啓発書と詩によって知られる。

自分の欠点ばかり気になり出したら、そんな劣等感を直してくれる人間はこの世に一人しかいない。つまりあなた自身だ。

デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie,1888年11月24日-1955年11 月1日)はアメリカ合衆国の実業家、作家、ビジネスセミナー講師。『人を動かす』『道は開ける』などの自己啓発書は2000万部以上の売上を記録した。