愛するということは生半可なことではなく、愛し続けることなのです。 線香花火みたいにパッパッパッと光ってしょぼんと落ちてしまう愛は、愛の名にふさわしくないと思います。 愛は持続するものでなければならない。愛は愛し続けることを要求します。

渡辺 和子(わたなべ かずこ、1927年2月 – )は学校法人ノートルダム清心学園の理事長。北海道旭川市生まれ。二・二六事件で青年将校に襲撃された渡辺錠太郎教育総監の次女。

母ほど自分を認め、信じてくれた人はいない。それなくしては、決して発明家としてやっていけなかった気がする。

トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison, IPA:['tɑməs 'ælvə 'edəs(ə)n], 1847年2月11日 – 1931年10月18日)は、生涯におよそ1,300もの発明を行ったアメリカ合衆国の発明家、起業家。
「発明王」の名を持つ。研究所が置かれたニュージャージー州のメンロパーク(メンロー・パークとも表記する)にちなんで、「メンロパークの魔術師」 (The Wizard of Menlo Park) とも呼ばれた。リュミエール兄弟と並んで映画の父とも言われている。ゼネラル・エレクトリック (GE) の雇われ社長でもあった。

世の中で、一番美しいことは、すべてのものに愛情を持つことです。

福澤諭吉(ふくざわ ゆきち、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 1901年(明治34年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士)、幕臣・旗本(外国方翻訳局、外国奉行支配調役次席翻訳御用)、蘭学者、自然科学者、著述家、啓蒙思想家、新聞時事新報の創刊・発行者、教育者、明六社発起人、興亜会顧問、東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長、適塾第十代塾頭、慶應義塾創設者。また、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、伝染病研究所の創設にも尽力した。

たがいに夢中になった状態、頭に血が上がった状態を愛の強さの証拠だと思いこむ。だが、じつはそれは、それまで二人がどれほど孤独であったかを示しているにすぎないかもしれないのだ。

エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム(Erich Seligmann Fromm, 1900年3月23日 – 1980年3月18日)はドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者である。ユダヤ系。マルクス主義とジークムント・フロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けた。

喜怒哀楽は、まさに恋愛の醍醐味である。この感情が、どれかに偏っていたら人生は薄っぺらく、人間に深みは出ないのだと思う。人間としてともに成長しながら、愛を育んでいきたいものだ。喜怒哀楽の共有は、愛を育てる最高の栄養素なのだから。

杉本 彩(すぎもと あや、1968年7月19日 – )は、日本のタレント、女優、ダンサー、小説家、実業家である。株式会社オフィス彩所属で代表取締役。

僕は愛を信じています。とても信じているのです。愛を経験したならば、どうして信じずにいられるでしょうか。僕は人と人との関係を信じています。

マイケル・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 – 2009年6月25日)は、アメリカ合衆国の歌手、音楽プロデューサー、ダンサー。”King of Pop”と称された。

人間は、その人が何を持っているかでその価値が決まるわけではありません。子どもは、親が自分が自分ゆえに愛してくれる姿から大切な価値観を学ぶのです。

ドロシー・ロー・ノルト(英 Dorothy Law Nolte 1924年1月12日- 2005年11月6日)は、アメリカ人の作家。40年以上にわたり、家族関係についての授業や講演を行っていた人物で、家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。

人生には単一の色がある。 芸術のパレットと同じ様に、その色は人生と芸術の意味を与えてくれる。 それは愛という色だ。

マルク・シャガール(Marc Chagall, イディッシュ語: מאַרק שאַגאַל‎‎, 1887年7月7日 – 1985年3月28日)は、20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。