私たちは人を愛するとき、人生の真の喜びを感じるものです。愛ほど強く大きな幸福感は他にはありません。

ドロシー・ロー・ノルト(英 Dorothy Law Nolte 1924年1月12日- 2005年11月6日)は、アメリカ人の作家。40年以上にわたり、家族関係についての授業や講演を行っていた人物で、家庭教育の子育てコンサルタントの第一人者。

愛は全てを信じ、しかも欺かれない。愛は全てを望み、しかも決して滅びない。愛は自己の利益を求めない。

セーレン・オービエ・キェルケゴール(Søren Aabye Kierkegaard, 1813年5月5日 – 1855年11月11日)はデンマークの哲学者であり、今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。キェルケゴールは当時とても影響力が強かったヘーゲル哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

幼稚な愛は「愛されているから愛する」という原則にしたがう。成熟した愛は「愛するから愛される」という原則にしたがう。

エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム(Erich Seligmann Fromm, 1900年3月23日 – 1980年3月18日)はドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者である。ユダヤ系。マルクス主義とジークムント・フロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けた。

思いやりのある言葉は短く簡単なものであっても、その反響はじつに無限である。

マザー・テレサ(Mother Teresa、本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ(Agnesë Gonxhe Bojaxhiu)、1910年8 月26日 -1997年9月 5日)はカトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は修道名である。カトリック教会の福者。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。世界を支配していいのは、愛なのです。

マザー・テレサ(Mother Teresa、本名アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ(Agnesë Gonxhe Bojaxhiu)、1910年8 月26日 -1997年9月 5日)はカトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者である。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は修道名である。カトリック教会の福者。コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。