成功とはとてもあいまいなものです。他人が思う成功を追いかける必要はありません。

イチロー(本名:鈴木一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 – )は、シアトル・マリナーズに所属するプロ野球選手。ポジションは外野手。
日本プロ野球とメジャーリーグ両方のシーズン最多安打記録を保持している。

世間は誰ひとりとしてきみの成功を邪魔したりせんよ。やれないというのは、外部の事情というよりも、自分自身に原因があるものなんや。

松下幸之助(まつした こうのすけ、1894年〈明治27年〉11月27日 – 1989年〈平成元年〉4月27日)は、日本の実業家。
パナソニック(旧社名:松下電器産業、松下電器製作所、松下電気器具製作所)を一代で築き上げた日本屈指の経営者で、経営の神様とも、関係者からは社主とも称された。
自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。

成功は、目的地ではなく日々の経過なのです。真の成功を達成する唯一の道は、一日一歩、確実に進むことです。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。

新しいものを考えついた人も、それが成功するまではただの変人にすぎない。

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 – 1910年4月21日)ことサミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。

どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない。

ジョン・ピアポント・モルガン(John Pierpont Morgan, 1837年4月17日 – 1913年3月31日)は、アメリカの5大財閥の1つ・モルガン財閥の創始者。投資家、銀行家、社会奉仕家でありそして金融業と産業界を合併し支配する傍ら芸術品収集に励んだコレクターでもあった。20世紀初頭、モルガンが絶頂期の頃、彼とビジネスパートナー達は多くの大企業に財政投資を行なった。1901年までに、彼は世界で最も裕福な人物の1人になっていた。

成功の方向に向きかけているときが、もっとも困難に見えるときなのである。あと少しのしんぼう、あと少しの努力で、絶望的な状況が、すばらしい成功に転じるのだ。

エルバート·グリーン·ハバード (Elbert Green Hubbard 1856年6月19日- 1915年5月7日)は、 アメリカの思想家、作家、教育者、講演家。出版社「ロイクロフターズ」の創設者であり、雑誌「ペリシテ人」「時代」の創刊者。主な著書・関連書籍に「簡単な人生 楽しく、らくに、単純に生きる/翻訳:薩摩美知子」「あなたはガルシアに手紙を届けられるか?/解説:中島孝志」「ガルシアへの手紙/解説:ハイブロー武蔵」などがある。

進み続けなさい。あなたが期待していたことが、偶然につかめるでしょう。座ったままで、偶然にチャンスを見つけたという話はこれまで私は聞いたことがない。

チャールズ・フランクリン・ケタリング(Charles Franklin Kettering、1876年8月29日 – 1958年11月24日もしくは11月25日)は、米国オハイオ州ラウドンビル生まれの、農業、先生、メカニック、エンジニア、科学者、発明家、社会哲学家である。

究極の表現で言い表すとするなら、成功とは自分の個性を最大限に発揮することです。

オグ・マンディーノ(Og Mandino 1923年12月12日 – 1996年9月3日) は、米国の自己啓発書作家、小説家、講演家。「世界中で最も多くの読者をもつ自己啓発書作家」と呼ばれたベストセラー作家。”セールスマンのグル”などとも形容される。

挑戦すれば、成功もあれば失敗もあります。でも挑戦せずして成功はありません。

野茂 英雄(のも ひでお、1968年8月31日 – )は、日本の元プロ野球選手(投手)。
大阪府大阪市港区出身。「トルネード投法」を武器に日本プロ野球時代は近鉄バファローズで活躍。1995年にロサンゼルス・ドジャースに移籍し、メジャーリーグでも活躍。日本人メジャーリーガーの実質的なパイオニアである。