時間に関しては、能率を考えるのが一般的であるが、「原則中心の人」というのは、効果性に集中している。

スティーブン・リチャーズ・コヴィー(Stephen Richards Covey, 1932年10月24日 – )は、アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティ生まれの作家、経営コンサルタント。

誠実に君の時間を利用せよ。何かを理解しようと思ったら、遠くを探すな。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749年8 月28日 – 1832年3 月22日)はドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

時の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、現在は矢のように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている。

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 – 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。

時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものだ。

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare、沙翁(沙吉比亜からの異称)、(洗礼日1564年4月26日) – 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イギリス(イングランド)の劇作家、詩人。ストラトフォード・アポン・エイヴォンの生れ。エリザベス朝演劇の代表的な作家で、最も優れた英文学の作家とも言われている。その卓越した人間観察眼と内面の心理描写は、今日でも最高度の文学レベルをなしている。

一日二十四時間、朝があり昼があり夜があるというのは死んだ機械の一日にすぎない。活きた時間は朝だけ、換言すれば、本当の朝をもたなければ一日は無意義だということだ。朝を活かすことから人生は始まる。

安岡 正篤(やすおか まさひろ、1898年(明治31年)2月13日-1983年(昭和58年)12月13日)は陽明学者・思想家。

人間の行動にも潮時がある。満潮に乗じてことを行なえば首尾よく運ぶ。

ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare、沙翁(沙吉比亜からの異称)、(洗礼日1564年4月26日) – 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イギリス(イングランド)の劇作家、詩人。ストラトフォード・アポン・エイヴォンの生れ。エリザベス朝演劇の代表的な作家で、最も優れた英文学の作家とも言われている。その卓越した人間観察眼と内面の心理描写は、今日でも最高度の文学レベルをなしている。

おれの現在は、二十年後のことを考えて、はじめてあるのだ。ところが、おまえたちは、せいぜい二、三日後のことしか考えていない。

柳田 邦男(やなぎだ くにお、1936年6月9日 – )は、ノンフィクション作家、評論家。航空機事故、医療事故、災害、戦争などのドキュメントや評論を数多く執筆している。

最上の幸福は、一年の終わりにおいて、年頭における自己よりも、よりよくなったと感ずることである。

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露: Лев Николаевич Толстой, ラテン文字表記:Lev Nikolajevich Tolstoj, 1828年9月9日 – 1910年11月20日)は、帝政ロシアの小説家・思想家。ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並んで19世紀ロシア文学を代表する巨匠。
代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。