闇があるから光がある。そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ。

小林 多喜二(こばやし たきじ、1903年(明治36年)12月1日 – 1933年(昭和8年)2月20日)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家・小説家である。秋田県北秋田郡下川沿村(現大館市)生まれ。

あなたの恐れることをせよ。そうすれば、恐怖は確実に消え去る。

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 – 1910年4月21日)ことサミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。

最悪の事柄を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる。裏を返して言えば、どうころんでも儲けものなのだ!

デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie,1888年11月24日-1955年11 月1日)はアメリカ合衆国の実業家、作家、ビジネスセミナー講師。『人を動かす』『道は開ける』などの自己啓発書は2000万部以上の売上を記録した。

苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ。

ウィリアム・ジェームズ(William James, 1842年1月11日 – 1910年8月26日)はアメリカを代表する哲学者・心理学者。パースやデューイと並ぶプラグマティストの代表として知られている。弟は小説家のヘンリー・ジェームズ。著作は哲学のみならず心理学や生理学など多岐に及んでいる。

俺たちは、生まれながらに偉いのではない。全力でぶつかり、失敗し、それでも立ちあがって、また失敗し、やっと何かをつかんだかと思ったら、虚しくも朝の露。しかし、まだまだくたばらない。俺には、欲があるんだ、夢があるんだと、向かっていく。そうして、ちっぽけながらも、自分だけができる何かをつかんできた。

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、英: Antonio-Inoki, 1943年2月20日 – )は、神奈川県横浜市鶴見区出身の元プロレスラー、実業家、元参議院議員。本名・旧リングネーム:猪木 寛至(いのき かんじ)。血液型AB型。新日本プロレス設立後〜現在に至るまでのキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。

もし冬がなかったら、春の訪れはそんなに喜ばれないだろう。もし私達が逆境を乗り越えなければ、成功もそれほどうれしく感じないだろう。

アン・ブラッドストリート(Anne Dudley Bradstreet、1612年ごろ – 1672年9月16日)はアメリカの女性詩人。著書が出版された最初のアメリカ人作家、および著書が出版された最初のアメリカ人詩人である。