銭一文天から降らず。また地から湧くことなし。

井原 西鶴(いはら さいかく、1642年(寛永19年) – 1693年9月9日(元禄6年8月10日))は、江戸時代の大坂の浮世草子・人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。
談林派を代表する俳諧師であり、浮世草子作者としても人気を博したが、『好色一代男』をはじめとする浮世草子作品ばかり注目され、その俳諧が顧みられることは少ない。

人間の力量いっぱいの月給を取ると弱くなるよ、況(いわん)やそれ以上を取るに及んでは大抵のものが堕落する。

堺 利彦(さかい としひこ、1871年1月15日(明治3年11月25日) – 1933年(昭和8年)1月23日)は、日本の社会主義者・思想家・歴史家・著述家・小説家。号は枯川、別名は、貝塚渋六。

金で信用を作ろうと思うな、信用で金を作ろうと考えよ。

テミストクレス(希語:Θεμιστοκλής、英語:Themistocles 、紀元前524年から520年頃 – 紀元前459年から455年頃)は、 アテナイの政治家・軍人。紀元前493年から紀元前492年まで(諸説あり)、アテナイのエポニュモス・ アルコン(執政官)を務め、アテナイをギリシア随一の海軍国に成長させ、ペルシア戦争の勝利を導いた。

賢者は財宝を貯えない。人に与えれば与えるほど、彼の財宝は豊になる。

老子(ろうし)は、古代中国の哲学者であり、道教創案の中心人物。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。書物『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、生きた時代について激しい議論が行われたりする。道教のほとんどの宗派にて老子は神格(en)として崇拝され、三清の一人である太上老君の神名を持つ。

貧となり富めるものとなるは偶然のことではない。富める人は富を得る原因があり、貧しいものは貧しくなる原因がある。富は節倹をなし、よく働くものに集まってくるもので、偶然集まってくるものではない。

二宮 尊徳(にのみや たかのり/にのみや そんとく、天明7年7月23日〔1787年9月4日〕 – 安政3年10月20日〔1856年11月17日〕)は、江戸時代後期の農政家・思想家。

「成功」と「犠牲」は表裏一体のものだ。ささやかな成功でかまわないなら、犠牲も少しで済む。しかし、大きな成果を出したいと思うなら、犠牲を払うことをためらってはいけない。

ジョン・カルビン・マックスウェル (1947年2月20日-)は、 福音派キリスト教の牧師、作家、主にリーダーシップについて焦点を当てた本を書いている 。